メールレディよりチャットレディの方が高収入

稼いだら確定申告が必要?

確定申告が発生するボーダーラインはどこから?

メールレディやチャットレディのお仕事はいくら稼いだら確定申告が必要なの?という不安はありませんか?

確定申告が必要なのはチャットレディを本業としている方は年間38万以上、副業の場合は年間20万以上稼いでいる方です。
確定申告とは所得にかかる税金の額を計算し、税金を支払うための手続きです。
振込履歴の記載された通帳、また報酬と一緒に手渡しで受け取った明細などを集め、昨年1月1日〜12月31日までのお仕事で得た報酬を計算します。

申告期限は2月16日から3月15日までとなっています。
確定申告はよくわからない!と無視してしまうと、払うべき税金にプラス「無申告加算税」というペナルティが発生することもあります。
しっかり節税したい方は、青色申告。

とにかく簡単に手続きを済ませたいという方は白色申告がおすすめです。
チャットレディのお仕事は、スマホ代や化粧品、服などチャットレディのお仕事をするたまに必要なものであれば経費として計上することができます。

レシートや領収書は、帳簿を付けるのに必要ですので捨てずにファイルなどで保管をしておきましょう。
また、確定申告の義務があるにも関わらず、確定申告を怠った場合、本業をしている会社に副業がバレてしまうこともあります。
副業がバレてしまうのは住民税が原因。

働いている会社が給与から住民税を天引きする特別徴収をしていると、副業で得た会社の給与以外の収入が上乗せで反映されるためバレてしまうのです。
「会社で働いているのに個人で確定申告をしても大丈夫なの?」と思われるかもしれませんが、副業で年間20万円以上稼いでいるというチャットレディは確定申告が必要となります。
確定申告で記入する「住民税に関する事項」の「給与、公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」の項目を自分で納付を選びましょう。
この手続きを行なえば、後日自宅に納税通知書が送られてきます。

期限内に納税することを忘れないでください!
そもそも確定申告をやったことがないし、難しい書類はわからない!という方には、会計ソフトの利用がおすすめです。

パソコンだけでなくスマホでも確定申告に必要な帳簿を付けることができます。
会計ソフトを使えば、銀行明細、クレジットカードなどの取引データ、スキャンデータを自動取り込みなどの自動仕分けができて、便利。

確定申告に必要な複式簿記記帳が自動作成でき、書類を作るが簡単。
自宅にプリンターがない!という方もコンビニでネットプリントが可能です。

私も去年確定申告の知識が全くない状態でしたが、会計ソフトの案内手順通りに操作しているだけで確定申告が完了していました!
メールレディ、チャットレディで稼いだら確定申告も忘れずに行ないましょう!